浮雲


初心者でーす よろしく トラックバック貰えるとうれしい
岐阜椿洞の産廃 その後
発作がおきて 死ぬところでした
我が家の愛犬サンディ、年齢は13才と5ヶ月
この年まで人間でいうならば、病気らしい病気もせず、
家族の気持ちを和ませながら生きてきました

けれどついに「いよいよお迎えがきたか?」と思う事態に!!!
暮れの29日に発作とけいれんがおき、その後、4時間くらいただひたすら
歩き回っていました
お医者さんには「超高齢犬だから、、、、、、」といわれ、強力精神安定剤を
処方されました 昏睡状態が続いて
もしかしたら明日の朝は、、、、、と不安な気持ちの
年末、年始でした
1月5日の夜 娘夫婦が見舞いに来て
診ている 時に  !!! 突然 呼吸が小さく 小刻み 顔がピクピク
痙攣 心臓に耳を当てて聞くと、間隔が長く 弱く なったと  
お父さんが呼びにきました
娘は泣いているし もうだめかと 思いました

と  突然 深く息をしたと思ったら  穏やか 鼓動も しっかり
。。。。危機を脱出 しました
でも もうだめかなと 、ためしに 娘が ディズニーランド土産の 
バームクーヘン(サンディの好物)を鼻先に持っていったら  パクリ
休み休み 2個食べました
。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。
なんと 高カロリー食で 生きる力がでたのか?? 

倒れて9日目に半身を起こしてみんなをビックリさせたんです

それまでは、エサを食べてもミルクを飲んでも途中で顔を下げて休んでいたのが
最後まで食べたり飲んだり出来るようになって
11日からはおぼつかない足取りではあるけれど
ナントナント、外へオシッコをしに行くようになりました
さすがにまだ戻ってくると
疲れるのか寝ちゃいますが. . . . . . . . . . . . .
a0034520_22144024.jpg

元気な時はこんな ことは 嫌がりますが 、昏睡 状態です
[PR]
by mint_mamada | 2005-01-13 22:14 | サンディ
<< ペットの介護 紙オムツとシート こんな状態今まで見たことないわ >>